福島の被災地へ② 〜富岡町と原発事故〜

前回の「福島の被災地へ①〜あの日は終わらない〜」では、2011年の震災で津波被害があった福島県いわき市の「久之浜(ひさのはま)」を訪ねたエピソードをご紹介しました。

▼ 「福島の被災地へ①  〜あの日は終わらない〜」

 https://yukakomatsu.jp/2023/09/19/4338/

今回は、その続編として、いわき市から常磐線に乗って福島を北上し、原発事故後、放射能の被害があった富岡町を訪ねたエピソードです。

恥ずかしながら、私はこれまで原発事故の被害状況や、その後の被災地の状況を意識してしっかり見つめてきませんでした。今回、自分の足で被災地を歩き、原発事故後の「放射能」の問題について考えました。

現在、被災地にはさまざまな震災の伝承施設がある。「震災伝承施設イラストマップ」より。前回記事のいわき市「久之浜」は青丸、今回訪ねた富岡町の「とみおかアーカイブ・ミュージアム」は赤丸で表示。

「フクシマの被災地に行くなら、見ておいたほうがいい」。被災地に何度も足を運んでいる知人に勧められたのが、富岡町にある「とみおかアーカイブ・ミュージアム」だ。こちらは富岡町による博物館で、東日本大震災と原発災害によって失われた人々の日常の営みを、「震災遺産」として収蔵・展示している。

一日に数本しかない常磐線の電車に揺られ、富岡駅で下車。駅からバスに乗車し、「とみおかアーカイブ・ミュージアム」に向かおうとしたところ、その日は土曜日でバス会社が休みだった。そこで、駅に停まっていた2台のタクシーのうち、初老の運転手が座るー台に乗った。

「とみおかアーカイブ・ミュージアム」は、駅からタクシーで15分ほどの距離だ。

富岡駅にて。震災時、海から300mほど離れたこの場所まで津波が押し寄せ、駅舎は流された。こちらは震災後に作られた駅舎だ。

とみおかアーカイブ・ミュージアム

目的地まで、タクシーの運転手とあどけない話。「(遠方から人が多く来るだろう)土曜日なのに、バスが運休だった」とぼやくと、「バス会社も助成金もらって運営してるから、やる気ないんだ〜」とのこと。

富岡町は震災後、町の大部分が「居住制限地域」となり(2017年まで)、現在も町の北側が「帰還困難地域」となっている。震災後は一気に人口が減り、戻ってくる人も少ないので、助成金を出してもらわないとバス会社も利用者が少なくて経営維持できないのだそう。特にバス利用者のほとんどが原発関連、復興関連の労働者とのことで、仕事が休みの土曜日は需要がないから休みらしい。聞けば、運転手はこのあたりの出身で、なんと30年近く原発職員として働いていたそうだ。原発事故後、危険な作業をさせられることが増えたため、辞職したとのこと。

富岡町の南端に、福島第二原発がある。

2022年10月時点での人口は11824 人、実際の居住者数は2063人。震災前人口比のわずか13%だ。

原発で働いていたという運転手の話をもっと聞きたかったが、目的地の「とみおかアーカイブ・ミュージアム」に到着したため、2時間後にまた来ていただくことにした。

「震災遺産」

「とみおかアーカイブ・ミュージアム」は、震災や原子力災害によって生じた「震災遺産」を収蔵・展示する大熊町による博物館だ。

展示はまず、富岡町の古代の歴史から始まり、やがて近代へとテーマが移っていく。人々がこの街でいかに暮らしていたのか、そして震災後、何が失われたのかが、視覚的によくわかった。

江戸時代、富岡は相馬路(陸前浜街道)の宿駅「富岡宿」として栄えた。

戦前・戦後の暮らしがモノクロ写真で展示されていたが、特に「農」をめぐる生活の写真には、心に込み上げるものがあった。祭りの日の晴れ姿や、町内運動会に笑う男たち、稲刈り後の田で遊ぶ子供たちの姿など、かつて土地とともにごく当たり前にここにあった暮らしが、失われた。

そして近代の富岡町の展示は、戦後の原発誘致へと切り替わっていく。

原発誘致は、財政難の富岡町が、経済発展を目指して行った一大事業だった。

原発の誘致・建設が、当初から、地域の経済発展と雇用創出を願う、地域住民の大きな期待とともに始まったものだったことを初めて知った。

「出稼ぎ者がなくなった」

さらに原発ができたことで、農を担ってきた人々の暮らしも大きく変わった。特に、展示されていた「出稼ぎ者がなくなった」という言葉は、胸にズシリとに響いた。秋田県生まれの私は、雪が降り続く冬、多くの秋田の男性があちこちに出稼ぎに出ていったことを知っているからだ。貧しい東北の農村が、明るい未来を託して誘致した原発事業。ここに原発が造られたことで、地域の経済は確かに潤い、雇用も創出され、人々の暮らしも、以前より明るいものになった。それは、確かだった。

だが一方で、町民にもれなく配布されていたという原発ポスターからは、いかにこの地域が原発と密接に存在していたかを感じさせ、その「普通感」がなんとも違和感でもあった。

そして2011年のあの日、東日本大震災が発生。街は津波で流され、深刻な原発事故も起きた。それまで暮らしていた町が、家が、放射能に汚染されるという未曾有の事態。多くの住民が、街を離れて避難した。その時、住民たちは何を思ったろうか。この地域に経済的安定をもたらしてくれた原発と、その後、歴史に刻まれた深刻な事故。私は、あのタクシー運転手に話を聞きたいと思った。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

福島の被災地へ① 〜あの日は終わらない〜

この8月、震災以後初めて、福島の被災地を歩きました。2011年の東日本大震災と、その後も福島で続いている放射能被害についてずっと気になってはいましたが、触れることができずに時間が流れていました。今回、お盆に秋田の実家に帰るため、鈍行列車で三日かけて北上し、その途中で福島の被災地を訪ねました。

これまで、ある意味で必然的に、フクシマを扱ってきた写真家や表現者の友人・知人たちが周りにも多くいて、フクシマをどう伝え続けているのか、ずっと気になっていました。また、福島からの避難者の方にもお会いする機会があり、ある日突然故郷を離れなければいけなかったこと、いつ帰れるか分からないことへの苦悩をお聞きする機会もありました。

こうした中、改めて被災地へと目を向け、その土地を訪ねてみたいと思いました。以下は、7歳と4歳の子供を連れながら、福島の被災地を訪ねた小さな旅の記録です。フクシマの今をどう捉えたらいいのか。私は未だに自問自答しています。その答えのない問いを、これからも考えていきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あの日は終わらない

福島県いわき市の「久之浜(ひさのはま)」。松の木が並ぶ堤防を抜けると、青々とした海が広がった。かつてここは、太平洋に面した小さな漁師町だった。あの震災の日までは。

2011年3月11日、午後2時46分。三陸沖で大地震が発生し、日本観測史上最大のマグニチュード9.0を計測した。地震から約1時間後、大津波が沿岸の街に押し寄せる。久之浜にも7メートルの津波が襲来した。久之浜地区の死者は33名。全壊・大規模 半壊465棟、半壊・一部損壊は202棟にのぼった。

「小さな漁師町で、その日上がった魚や貝は無償で住民に配られていました。サンマの季節にはどの家も味醂干しを作って家の前に干して、食べ比べをするんです。商店も病院もあって、駅も近く歩いて行けるので、若い人も年寄りもみんな出歩けて、互いに気遣い合っているいい街でした」

そう語るのは、あの日まで久之浜に暮らしていた知人、安藤栄作さんだ。自宅は海からわずか15メートル。その日、用事のため離れた街に出ていた安藤さんの自宅兼アトリエは、自宅前に繋いでいたイヌの「ユイ」ごと、津波に呑まれていった。

安藤さんは、丸太を手斧で叩いて刻む技法で知られる彫刻家だ。現在は奈良県に拠点を置き、生活再建と作品の創造に明け暮れている。

「久之浜にもし行くことがあったら、駅前の和菓子屋さんに行って、柏餅を食べてみてください。昔ながらの味でとても美味しいんです」。

安藤さんからそんなメールをいただいたことがきっかけで、今年8月、鈍行列車で3日間をかけた秋田への帰省の折、久之浜に立ち寄った。あの日を境に、地震と津波と原発事故によって奪われた生活の痕跡を、わずかでも目にしたかった。

福島県いわき市北部にある久之浜駅。

久之浜駅で電車を降りると、真夏の強い日差しが体に刺さった。

駅で下車すると、夏の強い日差しが体に刺さった。安藤さんから教えてもらった和菓子屋でヨモギがたっぷり入った柏餅を買い、歩いて300mほど離れた浜へ向かった。海に近づくにつれ、更地や新築の家が目に入る。この辺り一帯が津波で流されたのだ。

久之浜駅の正面の大通り。この辺りまで7mの津波が押し寄せた。

大通りにあった「東日本大震災地蔵尊」。

古いお地蔵さまが奥に安置されていた。いつの時代も、人間は祈りと共に生きてきたのだ。

津波によって住宅が流された跡地と思われる空き地。

「暑い」と駄々をこねる4歳の次男。

「もう歩けない」と座り込む次男。

津波で家屋が流されたと思われる空き地に残されていた瓦礫。

震災後、海辺に造られた堤防の下に、小さな社があった。地元の人が、「奇跡の神社」と呼ぶ秋葉神社だ。津波で流されずに残ったことが、住民に力を与えたという。付近の石碑には、「大地震が起きたら大津波が来る」「直(す)ぐ逃げろ、高台へ。一度逃げたら絶対戻るな」と教訓が記されていた。

堤防を登った先に広がるこの海に、かつての砂浜はない。波打ち際には大量のテトラポットが積まれ、荒々しい波飛沫が上がっていた。この海が、津波となって押し寄せた・・・。現場に立ってもなお、あの日の津波の威力がにわかには信じられなかった。

津波で社が流されず、「奇跡の神社」と呼ばれる稲荷神社。今も住人に大切に守られていた。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ラジオ出演のお知らせ TOKYO FM「SDGs学部ミライコード」(番組HPにて試聴可能です) 

TOKYO FMのラジオ番組、「SDGs学部ミライコード」に出演させていただきました。番組パーソナリティをつとめるのは、イラン出身の女優でもあり、人権活動家としても知られるサヘル・ローズさん。一回の収録を、2回分に分けて放送いただきました。以下、番組のHPよりご試聴いただけます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

#76 シリア難民の現在、子連れパニック取材記

https://audee.jp/voice/show/68316

#77 人が生きる=SDGs

https://audee.jp/voice/show/68692

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみにSDGsとは、「持続可能な開発目標」。「世界中にある環境問題・差別・貧困・人権問題といった課題を、世界のみんなで2030年までに解決していこう」という計画・目標のことです。 この番組では、さまざまな分野の方を招き、この時代を生きるためのさまざまな問題についてお話をしているそうです。過去の番組もさかのぼって試聴することができます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また以下は、今回の収録の裏話や考えたことなどです。10分ほどの音声をお聞きいただけます。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について